浮気 親権

遺言書を作成することの出来る人は民法によって定められていて、作成するときに満15歳以上であることや、作成するときに作成ができるだけの意志と能力があることが求められます。実際の相続においては作成をする遺言者に関して年齢の問題はあまり考えられませんが、意志能力という自分自身で物事を考えて、その結果をしっかりと認識することができる能力の有無に関しては法廷などでの争いに発展することがあります。特に遺言に書かれている内容が一部にだけメリットを与えて遠方で生活している人が日ごろからの意志の疎通が無いことによって不利な状況に陥った場合などに争いが生じます。遺言を残した人が無くなったときにしっかりと手続きをしない場合には多額の借金やローンを背負ってしまったり、所有していた財産が共有財産になってしまうことによって、財産の処分をするときに時間がかかり不動産の手続きができなかったり、残された預貯金などを使用する場合に口座を凍結されてしまって、お金を使うことができないことが考えられます。財産などの処分の手続きをスムーズに行うためにはタイミングが重要な要素になることが多いので、早い段階で該当者が落ち着いて話し合いをして、早めに手続きをしてしまうことがより良い遺産分割をするためのポイントになります。