遺産分割協議が成立した後になんらかの事情で協議をやり直す必要がある場合、相続人全員の合意を得れば協議をやり直すことは可能となっています。
この場合、一度成立した分割協議書を相続人全員が合意の上で解除をし、新たな書類を作り直して、再度分割協議を行うということになります。
ただし、法律上問題がなくても、分割協議のやり直しをするタイミング次第では税務上に問題が出てくることがあります。
新たに行った分割協議で遺産を譲渡・交換・贈与した場合、それぞれ遺産を譲り受けたという形ではなく新たに財産を取得したとして税務署から判断されることがあります。
そうなると、贈与税など多額の税金がかかってしまう恐れがありますので、やり直しを行う時には慎重に判断をし、出来れば税理士などの専門家に依頼するとよいでしょう。
また上記の場合と違ったケースでもやり直しが認められることがあります。それは、元々の分割協議が法律上無効であり成立しない場合です。
例えば、分割協議に参加していない相続人がいたり、あとから新たな相続人が現れたり、相続人の誰かが意図的に遺産を隠していた場合などは、分割協議自体が無効となるため、必ずやり直しをする必要があります。