相続放棄と相続分の放棄とは単なる書き方の問題であって、一見すると同じように思えますが、中身は全く違うものです。相続においては現預金や土地家屋などのプラスの財産のみならず、借金というマイナスの財産も含まれています。両者を計算してプラスの財産の方が多ければそのまま単純承認すればよいだけで、プラス財産からマイナス財産を差し引いた分を相続することになります。しかし、マイナス財産の方が多ければ、相続人が借金を背負うことになります。この借金を回避するには相続放棄、つまり、プラス財産もマイナス財産もすべての相続権を放棄する必要があります。相続人の住所地か相続が発生した所かのいづれかの家庭裁判所に相続放棄の申し立てを行い、裁判官の心理で認められれば効力が発生します。一方、相続分を放棄する場合というのは、すべての相続権を放棄するというものではありません。遺産分割において、プラスの財産を放棄して他の相続人にプラスの財産を相続させることが目的になっています。ですから、相続はするけれどもプラスの財産、いわゆる積極財産は相続しませんということです。しかし、相続はしているわけですから、マイナスの財産である借金は相続するということになります。相続分を放棄する場合は家庭裁判所への申し立ては不要で、遺産分割協議から脱退する旨の書類等を作成すれば構いません。