相続について

| 未分類 |

家族が死亡して葬儀の段取りであるとか、お墓の問題であるとかいろいろ遺族はしなければいけませんが、忘れてはいけないのが相続の手続きです。
資産等を受け継ぐべき人がいる場合は、速やかに手続きを行うべきですが、できるだけ税理士に依頼するなど専門家を間に立てることが望ましいでしょう。
また、税金の問題が発生しうるときは、亡くなった後はこの問題で親族間でもめることが多くなりやすいので、できるだけ生前に話し合っておくことが望ましく、それを踏まえて生前贈与の制度を使うなどして受け継ぐ資産をできるだけ分散すること、年を分けて贈与することなどして、節税に努めることが望ましいでしょう。
財産等の受け継ぎには現金預金などに目が向きがちですが、土地や住宅などの建物も財産ですので、これらも誰がどう受け継ぐかという問題やそれを踏まえて登記することについても考慮しなければいけません。
様々な問題が発生しうるほどの財産を持っている人は、生前に公正な遺言書を作成しておくなど手続きをしておくことが望ましく、遺族に丸投げ、もめたということにならないように、できるだけ資産を持つ人が生前のうちに打てる手は打っておいて、死去後のことにも目を向けておくことが重要といえます。